menu

連載企画 私のバイク防寒対策 その2

2019年01月20日 update カテゴリー:ミヤシタのバイク屋ブログ タグ:

ミヤシタのツーリングメンバー、Mさんの装備紹介

私の防寒装備を紹介します。

①頭、首まわり
・ネックウォーマー
モコモコしてるものほど防寒性に優れます。

・ピンロックシート
防寒ではありませんが、ヘルメットのシールドに装着するもので、シールドとシートの間に空気の層をつくり、シールドの曇り対策に絶大な効果を発揮します。
※使用するヘルメットによって装着ができるもの出来ないものがあります。

②胴まわり
・発熱インナー
ヒートテックなどの発熱機能性インナーは必須装備です。
自分のおすすめはワークマンやおたふく手袋のものがコスパに優れてると感じます。

・ウルトラライトダウンベスト
ユニクロの薄いダウンジャケットの袖無しを愛用しています。
理由はライジャケの袖に厚めのプロテクターがあり窮屈になるからです。
薄くかつ保温性に優れるので、かさ張りにくく動きやすいところがポイントです。

③手
・インナーグローブ
直接グローブをはめるより多少はマシかなと思います。
洗ってもすぐ乾くので、防寒性よりもグローブの中の清潔さを保つのに使っています。
冬グローブはなかなか洗う機会がないので💦

・ハンドルカバー
見た目がかっこ悪くなりがちですが、手の防寒性はこれに勝るものはないと思います。
グリップヒーターと併用すれば手のコタツが実現します。
ゴツいプロテクター付グローブの場合入らない事があるので、ラフ&ロードの大型ハンドルカバーが良さそうです。

④足
・膝プロテクター
ニーグリップする際、冷たいタンクに直接触れ無いため安全面だけでなく防寒性にも一役買ってると思います。

・オーバーパンツ
ツーリング行くときはプロテクターや防水機能がついたバイク用を着ていきます。
通勤ではワークマンなどで売ってる暖パンを重ね着しています。

⑤靴
・ワークマン防寒ブーツ
ミドルカットの防寒シューズなので、くるぶしまで隠れて暖かいです。
値段も安く普段使いにもOK!

・靴下重ね履き
靴下を重ねて履くのも有効です。
靴の中が窮屈になるので、自分は冬用の靴を買うときは少し大きめのを買います。

防寒のポイントとしては服の間に「空気の層」を作ることが重要です。
ダウンジャケットは特にその効果を発揮しやすいのでオススメします。
最近はワークマンがバイク用に色々使える商品を出しているので、コスパを求めるなら覗いてみてはどうでしょう。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。